研究開発部 商品開発課

リクルート
研究開発部 商品開発課
2017年4月入社

入社を決めた理由は?

私は料理をすることも食べることも大好きで、学生時代も食と健康について学び、将来は食の開発の仕事をしたいと思っていました。就活を行う中で一番食品は短大卒業者でも開発の仕事ができることが分かり、さらに職種別採用であることにも魅力を感じてエントリー。面接を通じて雰囲気にとても好感を持てたので入社を決めました。

現在の仕事内容は?

全国のお客様から寄せられる開発依頼に対し、商品の企画?開発(味の試作)を行うことが主な仕事です。私はレトルト食品を担当することが多く、カレー、炊き込みご飯の素、パスタソースなどを開発していますが、試作の度に実際に食べる状態まで作って試食確認を行い、すぐにレシピを書きなおして再試作????。これを、納得いくまで繰り返します。同時に味?調理?原料素材?マーケティング等の勉強を行い、さまざまなジャンルの商品開発に対応できる知識を身につけています。

現在の仕事で感じる「やりがい」は?

私が企画?開発して採用された商品が店頭に並んだときに、やりがいを感じます。特に北陸地方のお客様で特産品の鯖を使った「混ぜ飯の素」が商品化された時は、初めて企画?開発を手掛けた食品でしたので、一生忘れることのない出来事として覚えています。

現在の仕事で感じる「厳しさ」は?

どのような仕事でもいえることですが、完成には期日が設けられています。研究開発部の部員は、複数の開発を同時進行しているため、それぞれの進行状況、期日を考慮した上で作業スケジュールを立てる必要があります。競合に競り勝つためには、ご要望いただいた味以上のものを、より短期間に開発できるように常に時間を意識して取り組んでいます。

入社後、 印象に残っているエピソードは?

上司に同行してお客様の元へ訪問した入社1年目のある日、研究室内での開発を中心としている普段とは違い、直に商談に立ち会えたことは意識を変える転機となりました。商談では味だけでなく、価格や生産数量、賞味期限、商品形態の話まで行われ、トータルで商品設計することの重要性とそのために身につけるべき知識の広さを改めて実感できました。

これから挑戦したいことは?

これまで世の中になかった味の開発に挑戦したいと考えています。研究室では毎日、さまざまな種類の食品を試食して研究の参考にします。例えば海外の料理や日本の郷土料理、畜産品、農産品、水産品、お菓子の他に、健康食品を試食することも。さまざまな味を試食して研究開発の経験を積んでいき、洋食のテイストを取り入れた「炊き込みご飯の素」の開発など自由な発想で食品づくりをしていきたいと考えています。

入社を検討している方へのメッセージ

一番食品の研究開発部は若手社員であっても多くのチャンスがもらえることが特徴だといえます。商品の“味”の部分を担うくろのような役割のため、社名が表に出ることはほとんどありませんが、さまざまな味づくりに挑戦できる環境が整っています。食品づくりに興味がある方はぜひご応募ください。

1日のスケジュール

8:30

始業 朝礼(スケジュール確認、会社内の情報共有)

8:45

商品開発(試作 ???各種調味料、レトルト食品など)

12:00

休憩

12:45

商品開発(試作と試食確認)
(15:00~15:15 休憩)

16:30

試作品をお客様へ発送、1日のまとめ(開発したレシピの整理など)

17:00

片づけ 翌日の作業準備(レシピ作成など)

17:30

作業終了

場合により 市場調査、自主勉強など

CONTACT ご意見?ご質問などは、下記からお問い合わせください。
国产午夜福利在线观看视频/迷人女教师/poronodrome重口另类/午夜福利院免费200集